アルカリフォスファターゼ(ALP)

doctor iat
検体
血清

体内の組織に広く分布するリン酸エステルを無機リンとアルコールに分解する作用を持つ酵素「アルカリフォスファターゼ(ALP)」の値を測定する検査。
肝臓・小腸・骨・胎盤など、いろんな組織の細胞に存在し、細胞の障害により血液中に流出するが、臓器・組織特異性が低いため「アイソザイム」と呼ばれる分子構造が異なる酵素を用いて障害部位を推定する。
ALPアイソザイムとして、ALP1~ALP6の6種があり、様々な疾患の診断指標とする。

基準値

110~354 U/L

異常値を示す疾患

高値を示す疾患

  • 甲状腺機能亢進症
  • 肝内胆管結石
  • 胆管炎
  • 総胆管結石
  • 胆嚢がん
  • 骨ページェット病
  • 骨肉腫
  • 妊娠後期
  • 卵巣がん
  • 潰瘍性大腸炎
  • 慢性腎不全
  • 糖尿病
  • 閉塞性黄疸
  • 副甲状腺機能亢進症
  • 慢性肝炎
  • 急性肝炎
  • 肝硬変
  • 転移性肝がん
  • 肝臓がん
  • 肝膿瘍
  • 肺がん
  • 悪性腫瘍の骨転移
  • 骨軟化症
  • 骨粗鬆症
  • 副甲状腺腺腫
  • など

低値を示す疾患

  • 先天性低フォスファターゼ症
  • 甲状腺機能低下症
  • 前立腺肥大
  • など

基準値とは健常者の測定値を統計学的に処理した平均値であり、測定値は個人により差があるため「基準値=正常値」ということではありません。また基準値から外れた値は異常値と呼ばれますが、「異常値=罹患」を意味するものでもありません。ですから基準値を絶対視するのではなく、あくまでも検査の評価は医療機関の判断に委ねることが大切です。